about

「いつも持ち歩くモノを最高のカタチに」



いつも持ち歩いているモノ、バッグや手帳、お財布などが、最高に使いやすいモノであれば、

持ち主の能力や魅力を引き出すことができると考えます。





人の能力と魅力を引き出す「持ちモノ」



「使いやすく」  「軽く」  「お洒落」



使いやすさが大切です。使うことに気を取られない道具。目の前のやりたいことに集中できます。

軽さが大切です。身軽なほど心も軽くなります。視野が広がります。より動けます。

美しさが大切です。美しいモノは持つことに喜びを与え、持ち主の魅力を引き立てます。





SIRUHAは、毎日をより楽しくしてくれるような持ちモノを提案します。







書く × 歩く = ひらめく



「書く」

書くことは理解力、記憶力、創造力、行動力を高めてくれます。

紙とペンの使い方を身につけると、

いろいろな事がわかり、知識を頭に入れ、新しい何かを生み出し、実現に向けて

進んでいくことができます。



「歩く」

歩くことで、血が巡ります。視界が移り変わります。

血の巡りが良くなれば、脳にもしっかりと酸素が届きます。

酸素で満たされた脳はより高いパフォーマンスを発揮します。

歩けば自然と視界が移り変わり、無意識にたくさんの情報がインプットされます。そうした刺激はひらめきのきっかけを生み出します。





「書くための手帳」「歩くためのバッグ」

書くこと、歩くことを毎日の生活に取り入れていくことで、たくさんのアイデアがひらめくようになります。



SIRUHAでは、

書くことと考えることに集中できる手帳や

身軽になってお出かけをより楽しめる、軽くてシンプルなバッグを作っています。



使いやすさや、質感にもこだわることで、

自然と使いたくなり、書くことや歩くことが習慣付くようなデザインしています。





SIRUHAは「書く」と「歩く」を広めていきます。









スマホや車の普及で、書く機会、歩く機会が減っています。

だけど書くことも歩くことも大切な習慣です。

書くことや歩くことを習慣づけていくことで、能力や魅力をもっと引き出せると思います。



たくさんの人が、自分のやりたい事が見つかって、そこに向けて進んでいける世界は、今よりももっと楽しそうです。

  • Home
  • About
  • Blog